Eclipse, Tomcatの環境構築(mac)

Mac OS Xで、Eclipse Kepler(4.3.2)にシフトした(Eclipse Juno(4.2)から)ので、メモ。

Eclipseを入れ直すとめんどくさそうだとおもったが意外とそうでもなかった。
以前、同様の記事を書いたけど、今回のほうをみてくれたほうがいいと思います。
以下、macでのeclipsetomcatの環境設定手順。


やること



既存のEclipseを削除

アプリを削除するときはAppCleaner使ってます。関連ファイルもいっしょに消してくれるので。



Eclipseのダウンロード

  1. http://www.eclipse.org/downloads/で、Eclipse IDE for Java EE Developers, Mac OS X 64 Bitをダウンロード。
    Standardにしてしまうと、後々いろいろ不足するので注意。
  2. 解凍して /Applications直下に設置
  3. 起動。警告が出て起動できなかったら、finderのアプリをCtrl + クリックすればいける。
  4. ワークベンチに指定するフォルダは、Eclipseがプロジェクトを管理するフォルダとなる。後から変更も追加も削除も可能なので、問題なければそのままでゴー。次へ。画面が開いたら、右上のWorkbenchをクリック。
  5. とりあえずここまで。



Eclipseの日本語化

ぼくは日本語化をおすすめしません。理由は、何かあったときに英語のほうが解決しやすいからです。英語の記事もヒットするため。ただ、英語読むの本当にムリという方は以下をやれば日本語化できます。
  1. http://mergedoc.sourceforge.jp/index.html#/pleiades.htmlPleiadesにて、プラグイン・ダウンロード項目の最新版(今回は、1.3.5)をダウンロード。
  2. 解凍すると、pleiadesというフォルダができる。(一応、/readme/readme_pleiades.txtに手順書いてある。)
  3. features,pluginsフォルダをeclipseフォルダ直下にコピー。(上書きだめ!結合する
  4. eclipse.iniの末尾に以下の一行を追加する

    -javaagent:../../../plugins/jp.sourceforge.mergedoc.pleiades/pleiades.jar


  5. ちなみにeclipse.iniの場所は、

    /Applications/eclipse/Eclipse.app/Contents/MacOS/eclipse.ini


  6. 初回のみ eclipse を クリーン起動する

    /Applications/eclipse/eclipse -clean

    以上。




Tomcatのダウンロード・動作確認

  1. http://tomcat.apache.org/download-70.cgiにて、tar.gzをインストール。(今回はTomcat 7.0)
  2. 解凍して /Applications直下に移動
  3. 以下、別にやらなくてもいいが、動作確認。
  4. Tomcat内のbinまでいく

    cd /Applications/apache-tomcat-7.0.28/bin


  5. 以下、Tomcatを実行

    ./startup.sh

    http://localhost:8080/で動作確認。

    以下、Tomcatを停止

    ./shutdown.sh




EclipseTomcatプラグイン

  1. http://www.eclipsetotale.com/tomcatPlugin.htmlで、[Dowload]の一番上にある最新版をインストールして解凍。(今回は、tomcatPluginV33.zip)
  2. 解凍してできたフォルダ(com.sysdeo.eclipse.tomcat_3.3.0)をまるごとeclipse/pluginに移動。
  3. Eclipse再起動
  4. 上のバーに、猫さんアイコンが追加されていたらok。



EclipseTomcatの設定

  1. Eclipseのメニューから環境設定>Tomcatを選択
  2. Tomcatバージョンは、「バージョン7.x」を選択
  3. Tomcatホームは、「Applications/apache-tomcat-7.0.35」を指定
  4. Server.xmlをチェック
  5. 適用して、完了
  6. Eclipseのサーバー設定

    1. Eclipseのメニューから環境設定>Server(サーバー)>Runtime Environments(ランタイム環境)を選択
    2. Apache Tomcat v7.0」を選択して追加
    3. 次へ
    4. /Applications/に移動した、apache-tomcat-7.0.35を選択
    5. 完了
    TomcatEclipseから動作させてみる。さきほどTomcatプラグインを導入した。上のバーの猫ちゃんアイコンの起動をクリック。

    http://localhost:8080/で動作確認。



ここまで。

ちなみにKeplerにはmavenやgitなどのよく使いそうなプラグインがデフォではいってるので今後の色々もらくちんですね。



※既存のワークスペースを再利用する際エラーとなることがあります。
同フォルダ内にある.metadataを消せば解決しました。
ワークスペース指定してあるフォルダ内で、

rm -r .metadata