読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

RAID5構築

参考

CentOSでソフトウェアRAIDの構築 - maruko2 Note.

環境

VMWare, CentOS6

目標

SCSI ハードディスクを 3個増設し、その 3個のディスクを使ってRAID アレイを構築する

手順

仮想HDD追加

VMWare work stationにて、 SCSI ハードディスクを 3個増設する。

設定>デバイス>「追加」>ハードディスク

すると、/dev/にsdb, sdc, sdd,,,とディスクが追加されている。

RAID用にパーティション作成

fdisk /dev/sdb

:w でEnter.

他二つsdc, sddも同様に。

RAIDアレイ作成

mdadm --create /dev/md0 --level=5 --raid-devices=3 /dev/sd[bcd]

構築完了まで時間がかかるので、プロセスを確認。

cat /proc/mdstat

RAIDアレイの設定

/etc/mdadm.confRAIDアレイの情報を記述する

mdadm --detail --scan >> /etc/mdadm.conf

RAIDアレイにファイルシステムを作成

mkfs -t ext3 /dev/md0

RAIDアレイをマウント

/dev/md0 デバイスを、例えば /data ディレクトリにマウントする。

/etc/fstab を編集

/dev/md0  /data  ext3  defaults 1 2

/data ディレクトリを作成し、mount する。

mkdir /data

mount -a

アンマウント。

umount /data

マウント状況の確認

mount -v

とか

df